お知らせ

サブビジュアル

健康美コラム「オートファジー」って?

最近「オートファジー」という用語が一般的に広がって来たのでしょうか? この数年内、身近で周りの方が話題にするのを耳にする機会が段々増えて来ているように思います。
この用語は、2016年に東京工業大学の大隅良典栄誉教授がオートファジーの仕組みを解明する論文を発表してノーベル生理学・医学賞受賞したことから、健康分野で注目され始めました。
ファスティングされる方や、ダイエットに取り組んでおられる方は聞いたことがありますか?
オートファジー(Auto Phagy)は、「自食作用」といわれています。私たちの細胞内には「老廃物」となったタンパク質が存在します。細胞内の老廃物(タンパク質)があると、それを包み込む「膜」が出現して老廃物を取り込み、そして分解酵素によって処理されて、老廃物(タンパク質)は「アミノ酸」となり体内で再利用するという。自分のゴミを自らの体内で活用するという!! そんなすごいリサイクル機能が私たちの意思や意識に関係なく常に働いてエネルギー供給がされるんです。からだのしくみ、働きって本当に凄いですね。なんとありがたいことでしょう。
この「オートファジー」の働きが落ちると、細胞内には老廃物が蓄積されていきます。そして細胞が老化・・・。
嫌だあ~~。

自動的にやってくれている「オートファジー」を活性化するためには、私たち自身は何を意識的にしたら助けになるのかな?
空腹時間をしっかり確保し食べ過ぎないこと。
それで老廃物の蓄積量を増やさないようにしてあげる。凄い機能だけど蓄えがどんどん増えていけば、「オートファジー」の処理能力が追い付かない・・・。
「オートファジー」が良く働くことが細胞の老化防止につながるそうですよ。
だけど、ただ食べなきゃ良いってものでもないですし、極端に食べずにおくのは無理ですよね。
そこには生活リズムや、日常生活習慣が要素として関わってきます。

Vortexでは、健康管理士の視点から生活習慣のアドバイスや無理のないセルフケアのご提案もしています。オンラインでも対応可能です。
気になる事、分からない事があればお気軽に聞いてみてください。
公式ラインからでしたら時間も気にせず些細なことも聞きやすいと思いますので、どうぞご遠慮なく。

健康美容の未来を創造するVortexより。
最後までお読みいただきありがとうございます、それでは皆さまごきげんよう。

ご予約・お問い合わせはこちら